人気ブログランキング |

広島の美容院 RUTHのブログ


by rutht
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

メイク第2弾 ファンデーション作り☆

こんにちは!岡田です。
前回は下地作りで、今回はベースのファンデーション作りを書きます。
まず、頬の部分にファンデーションをのせ、中指の腹を使い軽く優しく
すべらせるようにのばします。
まぶたや口の周りは良く動くところなので、よれやすいため、薄くのばします。
ベース作りの基本は、カバーしたい所以外は、できるだけ薄づけで伸ばすのが
大切です。
一番面積の多い頬は少し厚塗りで、あとは首になじむようにうすーく伸ばしていきます。
最後にスポンジで余分な油分や調子をみながら、押さえて密着さすようにします。
この時に首と顔の境目を自然にぼかします。
肌の赤みやクマ等はコンシーラーでカバーします。
目の下のクマは肌より明るいコンシーラーで、頬の赤みは肌の色にあわせて、
ニキビなどは肌より1トーン暗い色をのっけることでかばーできます。
フェイスパウダーはパフを2枚用意して、もみ合わせてなじませ1枚のパフを使い、
のせていきます。
まぶたの下や小鼻の周り等はパフの角を使い、額や頬の広い所はパフ全体で
押さえるようにします。
横に滑らせるとファンデーションがよれてしまうので注意です。
まぶた等はよれやすい部分なので、パフで押さえる前に指でまぶたのよれを
なじませて、押さえます。
最後に、顔の中心から外側に向けて、大きなブラシで余分なパウダーを掃います。
というようにすると、今より肌が綺麗に見え、よれにくくなり、
キレイな素肌に見えますよ(^^)
是非、時間がある時試してみてくださいね☆
a0080156_1348325.jpg

by rutht | 2006-09-22 13:48 | のんち